top > Access用語集 > DateDiff関数

DateDiff関数

【説明】
  指定した2つの日付の差を取得

【使用例】
 式:DateDiff(間隔単位,日付1,日付2,週の開始曜日,年の開始の週)

 戻り値:バリアント型

(例)
DateDiff("d",#2006/6/1#,#2006/7/1#) → 30
Dateadd("yyyy",#2006/5/1#,Date) → 31
Dateadd("n",#10:10:30#,#10:00:30) → -30


 
Access関数の一覧へ戻る
Inquiry

TEL:0120-982-292

営業時間  10:00〜18:00(土・日・祝日除く) ※携帯からは03-5789-2900でお願いします。

お問合せ
0120-982-292
営業時間:10:00〜18:00(土・日・祝日除く)※携帯からは03-5789-2900でお願いします。
お見積り請求(無料)はこちら
メールフォームからのお問合せはこちら